なにげない日常が持続可能な社会を実現する。そんな建築を目指して。

秋田県八峰町で建築設計をおこなっております
心地のよい建築は豊かさの土台です。

耐震等級3(許容応力度計算)・断熱等級4・一次エネルギ消費量等級5を取得して安全で暖かく省エネな住まいをご提案いたします。
長期優良住宅やフラット35SA、各助成金を利用して、かしこく楽しく家づくりをしましょう。


2019/05/31

階段の安全性の 2R+T

R=19cm     T=24cm の階段
2R+T = 62 で基準を満たしています。
蹴込み板があればより安全です。
住宅性能表示では等級3程度ですね。
(等級5が最高です)


住宅性能表示において、階段の安全性の基準があります。
高齢者等の配慮のためのものですが、   

蹴上を  R     踏み面を  T       とすると 2R+T が   55cm~65cm

とあります。昇降のしやすさを考慮しての基準だと解釈しています。なんとなく1段の段差が小さければいいような気がしますが、そうではないのですね。昇降のしやすさを考慮しての基準だと解釈しています。その他、蹴込み板を付けたりするとより安全な階段ということになります。みなさんのお家の階段はいかがでょうか?定規で測ってみて簡単に確認できますね。

最近はデザインに凝った階段が多いですが、このあたりの基準も頭にいれて設計したいものです。


0 件のコメント:

コメントを投稿