暮らしの安心につながる「普通に心地よい」建築。なにげない日常が持続可能な社会を実現する。そんな建築を目指して。

心地のよい建築は豊かさの土台であり、人々を励ましてくれます。

耐震等級(許容応力度計算)・断熱等級・一次エネルギ消費量等級を取得して安全で暖かく省エネな住まいをご提案いたします。
長期優良住宅やフラット35SA、各助成金を利用して、かしこく楽しく家づくりをしましょう。


仁井田蕗見町の家(2022年)

外壁はガルバリウム鋼板製の金属サイディング。カーポートは住まいの
ポーチになるべく近づけてスムーズなアプローチを構成しています。 
道路際のシンボルツリーが建物を引き立てています。        

リビングに連続してウッドデッキを配置しています。大きな屋根によって夏の日射
を遮り、涼しい室内空間を作ります。デッキでBBQなど家族の楽しみの空間と  
なっています。                              

床はナラの無垢フローリング、天井は杉の羽目板を張っています。異なる樹種でも白壁
によって両者を違和感なく引き立てています。勾配天井によって奥行きが強調され広く
感じます。                                  

キッチンとダイニングが連続したプランで家事と団欒の
境界がなくなり、家族のコミュニケーションがスムーズ
につながります。                 

玄関ホール、キッチン、ダイニング、リビング、屋外デッキが間仕切りなく   
連続したプランとなっています。家族がいつも一緒にいることができる空間です。

キッチンとダイニングが連続した空間は、リビングからみるとまるでカフェのようです。

1Fには和室も設てあります。一人になりたい時、両親が泊まりに来た時など
大変重宝します。大壁に畳を敷いたシンプルな洋室的な和室です。    

玄関には奥に広めのシューズクロークを設けています。
自転車も置けるゆったり空間です。         

広めのランドリーは洗濯流しも設置し、洗濯家事全てがこの空間で完結します。
ランドリーの奥は脱衣スペースとなっており、洗面と脱衣の動線が分離されて 
使いやすさ抜群です。                          

2Fホールは廊下を広く取り、ファミリースペースとして利用します。高窓により    
隣家からの視線を気にすることなく、北側からの光を取り入れています。高断熱の   
住宅では間仕切りがなくても家全体が暖かく、廊下も生活空間として利用します。   

 

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。